不服申し立て

 障害年金の決定が不支給だったり、思っていた等級より低い等級だったり、というように その決定に不服がある場合は、不服申し立てができます。 その方法は、2段階になっています。

 1.審査請求

  不支給を知ってから60日以内に申し立てます。 申し立ての相手先は、地方厚生局です。 請求用紙を送ってもらい、記入して提出します。 改めて診断書をとる必要はなく、請求時に出した診断書や病歴申立書から、争点を整理し 論述していきます。必要に応じて医師の意見書を添付します。 審査をするのは、地方厚生局の社会保険審査官で、主に書面による審査です。  

 2.再審査請求

 審査請求の決定内容に不服がある場合、または、審査請求をしてから3か月を経過しても 決定がない場合は、再審査請求をすることができます。 決定内容に不服があった場合は、決定書の謄本が送付された日の翌日から60日以内に、 再審査請求書を提出します。 請求先は、厚生労働省です。 審査は、複数人による合議制で、公開審理が行われ、請求人も出席して意見を述べることが できます。(欠席しても不利になるわけではありません)   この再審査請求の決定にも不服がある場合は、裁判所に申し立てることになります。