障害年金とは

障害年金は、病気やけがによって生活や仕事などが制限されるようになった場合に、受け取ることができる国の年金です。

生活保護ではありませんし、障害者手帳とも関係ありません。

20歳を過ぎていれば、認められた日から受け取ることができます。

障害年金には、「障害基礎年金」と「障害厚生年金」があります。

病気やけがで初めて医師の診療を受けた日に、国民年金に加入していた場合は「障害基礎年金」、厚生年金に加入していた場合は、「障害厚生年金」になります。

受ける金額は、加入している年金ごとに違いますし、 配偶者やお子様がいるか、によっても違ってきます。

ただし、障害年金を請求するためには、障害の程度や、年金保険料納付状況等、 むずかしいハードルがあって、 障害のある方が、誰でも受けられるわけではありません。

けれど、受給資格があるのに、 受給できていない方も、たくさんいらっしゃいます。 それは、障害年金の説明を受ける機会がなかったからだと思います。

ご自分が、もしかしたら受ける可能性があるのではないか、と思われたら、 迷わず、当事務所にご連絡ください。 可能性のある方は全員受給できるように、全力でサポートいたします。

 メール、電話でのお問合せはこちら