「診断書がなく障害年金申請できず」は違法という判決 

診断書がないことを理由に障害年金の申請を認めなかったのは「違法」という判決が高裁金沢支部で出されました。(9月15日)

https://news.yahoo.co.jp/articles/6033806d302997ca4db9699b221fe142731d94b5

これは非常に画期的なことです。

20歳前に障害を負った場合など、20歳の時に受診していないことは結構あります。

とくに知的障害など、通院しても治療法がない場合は、20歳の時に受診していないことが多いです。

そういう方を私も何人か手続きしましたが、20歳を1年以上過ぎている場合で、20歳から認定されたのは1件だけでした。(事後重症分は認定されましたが)。

その方の場合は、いろいろ出歩く方だったので、いろいろな証言や証拠を集めることができて、なんとか認定されたのですが、家に引きこもっている方など、第三者の証言が得られない場合は、再審査請求でも通りませんでした。

この判決が上告されることなく確定されたら、救済される方はたくさんいらっしゃると思います。

上告されないことを願っています。

この記事を書いた人

shogai-nenkin

障害年金 無料相談 受付中

おひとりで悩まず、まずはご相談ください。

年中無休 9:00 – 18:00(時間外も可)