ベーチェッド病の審査請求が認められました

ベーチェッド病の方の障害年金が認定日3級、事後重症分不支給という決定だったので、審査請求をしました。

審査請求をする時は、必ずその決定の理由を知るために「障害状態認定表」というものを取ります。

これは、厚労省に「開示請求書」を出して、請求します。

請求用紙は、厚労省のホームページからダウンロードできます。

オンラインでの請求もできるようです。

取り寄せた「障害状態認定表」に書かれていた「理由」を反論すべく、主治医に意見書を書いてもらい、審査請求しました。

その結果、審査請求はだめでしたが、再審査請求で事後重症分も3級に認定されました。

最初に障害年金の請求書を出してから、2年弱かかりました。

難病は、症状が多岐にわたりますが、検査数値は正常の範囲内に収まっていることが多いので、認定してもらうのは、なかなか大変です。

落ち込むこともありますが、これからもめげずに頑張ってやっていきたいと思います。

 

 

 

この記事を書いた人

shogai-nenkin

障害年金 無料相談 受付中

おひとりで悩まず、まずはご相談ください。

年中無休 9:00 – 18:00(時間外も可)