年金生活者支援給付金の支給開始 10月から

年金生活者支援給付金の支給が今年の10月から始まります。

年金生活者支援給付金とは
基礎年金を受給している方で、年収が一定の金額以下の方に支給されます。

(障害年金3級の方は、基礎年金を受けていないので対象外となります)

年収の条件は、遺族年金・老齢年金・障害年金のそれぞれで違いますので、

ここでは、障害年金についてお知らせします。

支給要件

以下の要件をすべて満たしている方

①障害基礎年金を受けている

②前年の所得が「4,621,000円+扶養親族の数×38万円(*)」以下である

*扶養親族のうち、70歳以上の同一生計配偶者又は老人扶養親族の場合は48万円、特定扶養親族又は16歳以上19歳未満の扶養親族の場合は63万円です。

給付額

○障害等級2級=5,000円(月額)

○障害等級1級=6,250円(月額)

支払時期

給付金の支払いは、2か月分を翌々月の中旬に年金と同じ受取口座に年金とは別途振り込まれます。

請求手続き

この給付金は、年金請求書とは別に「年金生活者支援給付金請求書」を提出しなければなりません。

今年の4月1日以降に年金を請求した方は、年金事務所の窓口で、この請求書を出していると思います。

今年の4月1日にすでに基礎年金を受けている方については、今月9月には日本年金機構から手続きの案内が届くはずなので、届き次第お手続きください。

支払は、請求書を出した翌月から始まります。提出が遅れても、10月まで遡ることはありませんので、ご注意ください。

日本年金機構HP

 

 

 

障害年金 無料相談 受付中

おひとりで悩まず、まずはご相談ください。

年中無休 9:00 – 18:00(時間外も可)