網膜色素変性症

事例①  障害厚生年金2級 5年遡及

子どもの頃から、夕方暗くなると見えなくなるという症状がありましたが、みんなもそうだと思って、気にしていなかったそうです。

50歳近くになって、自転車で走っているときに、横から出てきた自転車に追い越されるまで気がつかない、という症状が出てきておかしいと思い、初めて受診しました。

この病気で障害年金がもらえると思っていなかったので、私に依頼が来たのは、初診から7年近く経っていました。

この病気は、治療法はないため、検査は1年に1回くらいしかやらないようです。

この方も、障害認定日当時に受診はしていましたが、検査はしていませんでした。

障害認定日には既に2級相当だったため、主治医に面談して、検査記録は障害認定日より大分前の検査結果を書いていただき、網膜色素変性症の特性を追記して請求書類を提出しました。

その結果。5年遡及での厚生年金2級が認められ、かなりまとまった金額の年金が振り込まれました。

障害年金 無料相談 受付中

おひとりで悩まず、まずはご相談ください。

年中無休 9:00 – 18:00(時間外も可)