脳出血

脳出血の後遺症による障害年金請求は、その症状の内容で、主に「肢体不自由」か「高次脳機能障害」かになります。

両方ある方もいらっしゃいます。

事例①肢体不自由の方  障害厚生年金1級(初診から6カ月経過での認定)

仕事の帰り際に、会社で倒れて緊急搬送されました。

救急措置を終えた後は、介護施設に入所されていました。

診断書は、介護施設の担当者の方を通して、その施設で訪問診療をされている先生に依頼しました。

担当者の方も先生も、初めてのケースだったようですが、何回もやり取りをして、初診から6カ月経過後の診断書を書いていただきました。

言語機能にも障害があったため、診断書は「肢体」と「言語」の2枚を書いていただきました。

その結果、無事1級が認定されました。

障害年金 無料相談 受付中

おひとりで悩まず、まずはご相談ください。

年中無休 9:00 – 18:00(時間外も可)