障害年金が不支給決定された後の再請求について

初めて請求した障害年金が不支給決定されると、もう請求はできないと思っていらっしゃる方が多いですが、そんなことはありません。

不支給決定通知書の下の方に、小さく書かれていますが、65歳までは何回でも再請求ができます。

ただし、再請求の時は審査の段階で前回の請求内容を確認されますので、不支給になった理由が不明の場合は、調べてからにしたほうが良いです。そうしないと何回でも不支給になるということになりますので。

詳しく知る方法には、「個人情報開示請求」というものがあります。

これは、厚生労働省に「不支給決定となった理由を知りたい」という請求をする方法です。用紙は以下からダウンロードできます。

請求は郵送でもオンラインでもできることになっていますが、「e-Gov」というシステムを使わなければならないので、オンラインはあまり一般的ではないでしょう。

尚、印紙代300円が必要です。

再請求をお考えの方は、ご検討ください。

この記事を書いた人

shogai-nenkin

障害年金 無料相談 受付中

おひとりで悩まず、まずはご相談ください。

年中無休 9:00 – 18:00(時間外も可)