障害年金と労災保険が受けられる時の調整

障害年金と労災保険給付が同じ支給理由で受けられる時は、労災保険の方が減額になります。

その内容は、以下の通りです。

表の中の「障害基礎年金及び障害厚生年金」とは、障害厚生年金で2級以上の方ということです。2級以上になれば、障害基礎年金も支給されますので。

「障害厚生年金」というのは、障害厚生年金の3級の方です。

「障害基礎年金」というのは、20歳前障害や、初診日が国民年金加入だった方です。

尚、厚生年金で3級より下の「障害手当金」になった方は、労災保険が優先となり、年金の「障害手当金」は不支給となりますので、ご注意ください。

 

この記事を書いた人

shogai-nenkin

障害年金 無料相談 受付中

おひとりで悩まず、まずはご相談ください。

年中無休 9:00 – 18:00(時間外も可)