大和社会保険労務士事務所

板橋区で障害年金の申請(請求)をご検討の方

貴方の障害年金をサポート
  • メール・電話で初回相談無料
  • 報酬の支払いは受給後
  • 書類の準備は全てお任せ

こんなお悩みはありませんか

自分のケースは障害年金の請求ができるかわからなくて不安
Click

手続きが複雑で請求を
ためらっている
Click

依頼するのには始めに
たくさんお金が掛かる不安
Click

他の社労士に頼んだら
断られてしまった
Click

自分で手続きしたら
不支給になった
Click

障害年金をもらうことを、
まわりに知られたくない
Click

でもご安心ください

  • 障害年金
    「病気・怪我のために日常生活や仕事に差し支えがある方」
    あれば、 ほとんど受給の対象となります。
ただし、障害年金の請求には煩雑な手続きや知識が必要となりますので、
専門家である社労士のサポートが必要になります。
弊所では、障害年金について「受けられる状態の人は、皆受けるべきだ」という強い想いがあります。
その想いのもと、延べ1,500人以上の年金相談を受け、受任件数は250件超えという結果を出してきました。
そのなかには、他の社労士事務所で断られたという方も多くいらっしゃいます。

Contact

お気軽にお問い合わせください
- 受給額の目安や算出方法も
ご案内できます -

受任件数250件以上の実績

ご相談いただくメリット

Merit

01

手続きは全ておまかせ

必要な書類作成は全ておまかせ下さい。
他の事務所では行っているところが少ない「お医者さまへの診断書の作成依頼時の同行」まで、すべて私が行います。

02

マンツーマンで秘密が守られます

受付から書類作成・申請まで全て1人が対応します。
何人もの担当者によって情報が共有されるといった
ことがなく、安心してお任せいただけます。

03

女性担当ならではの暖かな配慮

弊社は女性担当者のみとなっております。
「女性の社労士さんだからこそ、お願いしたかった」
というお声をとても多くいただきます。

障害年金を
ご自身で請求することのデメリット

Demerit

1.
認定されない確率が高い

ご自身で書類を作成・提出する場合、書類の書き方がわからない(もしくは知らない)ことにより、ご自分の症状を正しく反映した書類を作れないといった状態になります。
そうすると、どうしても認定されない確率が高くなってしまいます。

2.
請求までの手続きが大変で、
労力と時間がかかる

事後重症請求の場合は、請求書類を出した翌月から年金の支給が始まりますので、ご自分でやって何ヵ月もかかるのはかなり時間のロスとなります。
そして、一度不支給になると、その後3カ月以内なら不服申し立てができますが、元々出した書類の内容によっては不服申し立てをしても通らないのです。
そうなった時に初めて社労士に依頼する方も多いのですが、こういうケースは、もう一度診断書を取り直して一からやり直すことになり、かなりハードルが高くなってしまうのです。

ご相談から障害年金受給開始まで

Flow

無料受給判定~ご依頼の受任まで

STEP01
無料受給判定

メール又は電話で、まずはご連絡ください。

STEP02
初回面談

受給の可能性がある場合、実際にお会いしての面談を行います。

STEP03
年金記録の確認
請求方法の決定

年金記録を確認しましたら、請求の可能性の可否をご連絡いたします。

STEP04
ご契約

障害年金の申請代行をご依頼される場合は、契約書を交わします。

詳しくは、「障害年金請求サポートの流れ」を
御覧ください >>

料金のご案内

Price

<障害年金を初めて請求する場合>
お支払いいただく費用は、以下の通りです。

着手金
0円
※事務手数料の別途請求はございません。

障害年金が認められた
場合の報酬
① 障害年金決定年金額の2カ月相当額(税別)
② 初回年金入金額の10%(税別)
③ 130,000円(税別)
①②③の、いずれか高い方
その他費用
•同行する病院が埼玉・東京・千葉・神奈川以外の場合は、別途交通費の実費をご請求いたします。
•受診状況等証明書、診断書、住民票等の添付書類の取得費用は、ご依頼者様のご負担となります。
面談
ご契約を前提とした初回面談は無料です。時間は1時間程度です。
当事務所にいらっしゃることが困難な方の場合は、お近くまで伺います。
※原則として、ご自分で手続きするためのサポートはしておりません。最終的な責任がとれないからです。

Contact

お気軽にお問い合わせください
- 受給額の目安や算出方法も
ご案内できます -

受任件数250件以上の実績

代表社労士 ご挨拶

Greeting

代表社労士

はじめまして!
大和社会保険労務士事務所
代表社労士の吉成玲子です。

私は27年間銀行で勤務したのち、「生涯現役でできる、人と関わる仕事がしたい」という想いから社会保険労務士資格を取得しました。
私は、働くことが社会との強いつながりを作ると思って、これまで子育て・介護中もずっと働いてきました。
ですから、病気や怪我で思うように働けない人のつらさが、よくわかります。
障害年金は、働きたい人が充分働けるようになるまで療養に専念できるように、社会につながる希望をもたせてくれるものだと思います。
障害年金を受給することでお金の不安が減り、精神的な余裕ができると、自然と未来のことを考えられるようになるからです。
お客様の中には、障害年金をもらって治療をしながら、在宅でお仕事を再開されたという方も多数いらっしゃいます。 お話をお聞きすると、障害年金が受給できたことで、やはりお金の心配をしなくなったことが大きかったようです。 お金や生活の不安が消えた時、精神的にも大きな余裕ができ、その人が本来持っているエネルギーが戻ってくるのだと思います。 こういった声を頂くとき、私は本当にこの仕事をしていて良かったと思います。 また、大手の社会保険労務士事務所さんと違い、私は一人でこの事務所を運営しています。 事務所の規模としてはとても小さいものです。 でも、その代わり私が全て1人で対応しますので、お客様と深いお付き合いをさせて頂くことができます。

プロフィール

銀行勤務 27年
平成21年4月 社会保険労務士開業
平成21年8月~平成23年3月 年金事務所にて相談員として窓口勤務。
平成24年11月 突然、障害年金の依頼あり。
障害年金の仕事にやりがいを感じ、以降、障害年金専門社労士として活動10年

相談件数1000件以上
裁定請求 250件
審査請求(再審査請求)20件
障害年金不支給決定取消請求 訴訟補佐人 1件(勝訴)

障害年金決定後も、更新や等級を上げるご相談、就労のご相談など、長いお付き合いをさせていただいている方が多いです。

【保有資格】
社会保険労務士
溝口メンタルセラピストスクール認定コーチ

【所属団体】
埼玉県社会保険労務士会
障害年金法研究会

メディア掲載情報

7月19日、埼玉新聞朝刊の
1面の記事にて、ご依頼頂き
「年金制度に詳しい社会保険労務士」として
代表社労士 吉成のコメントが掲載されました。

お客様の声

Customer's voice

  • 必要経費が捻出できることはとても助かります。
  • 厚生年金2級 5年遡及
    病名:うつ病
  • 自力では書類の作成などできなかったと思います。
  • 厚生年金3級
    病名:うつ病
  • おかげさまで障害年金1級を、受けることができました。
  • 厚生年金1級
    病名:ガン+X

板橋区のお客様からいただいたその他の声

  • 板橋区赤塚 保坂様
    私が勤務している会社では、労働基準法が守られていないように感じられる一面がありました。上司に疑問を投げかけても、言葉を濁すばかりで明確な回答をしてくれません。そこで私は以前に障害年金でお世話になった大和社会保険労務士事務所さんに相談しました。するとわかりやすい説明とともに、今後の対処法をレクチャーしてくれたのです。おかげで心のモヤモヤが見事に解消されました。
  • 板橋区舟渡 北島様
    社労士に相談に行った時初めてだったこともあり凄く緊張したのですが、丁寧に対応してくれて緊張を解してくれたので有難く何でも話すことができたので本当に良かったです。法律のことに関して分からないことが多く法律用語も理解できなくて困っていたのですが、相談に乗ってもらった社労士さんは素人でも分かるように説明してくれたので助かりました。

障害年金Q&A

Q&A

  • 障害年金は、一度不支給になったら、もう一度請求することはできませんか?

    いいえ、65歳までは何度でもできます。
    ただし、不支給の理由をよく検討して再請求をした方がよいので、経験豊かな社労士に依頼することをお勧めします。

  • 障害年金を受け取れる年齢は、60歳からですか?

    いいえ。20歳以降であれば受けられます。
    原則として、初診日から1年6カ月経過していなければなりませんが、知的障害や脳性麻痺による肢体障害など、先天性の傷病の場合は、20歳の誕生日から受けられます。
    老齢年金とは別物とお考えください。

    20歳を過ぎて何年も経ってから初めて障害年金のことを知って、20歳からの年金を受けたいという場合は、20歳当時の障害年金用の診断書を書いてもらえれば、請求ができます。ただし、認定されても、請求日から5年以上昔の分は、時効により支払いがされません。

    65歳になった時に、障害年金を受けている場合は、老齢年金と障害年金の選択をしなければなりませんが、有利な方を選択してください。

  • 障害者手帳が3級の場合、障害年金も3級ですか?

    いいえ。障害者手帳と障害年金は別制度なので、必ずしもそうはなりません。
    例えば、人工透析は障害者手帳では1級ですが、障害年金は2級です。
    ペースメーカーの植込みは、手帳は1級・3級・4級と分れますが、障害年金は3級です。(ただし、症状が重い場合は、2級以上になる可能性はあります)

    精神疾患の場合は、基準が似ているので、同じ等級になることがありますが、手帳を取った時期と障害年金を請求した時期が違えば症状も変わるので、手帳が3級でも障害年金が2級ということは、よくあります。

  • 傷病手当金と障害年金は、同時に受けられますか?

    はい、傷病手当金と障害年金は同時期に受けることはできますが、障害厚生年金を受けている場合は、両方が重なっている時期に関しては、傷病手当金を返さなくてはなりません。ただし、既に障害基礎年金だけもらっていた方が、傷病手当金を受ける場合は、傷病手当金との調整はありません。
    返す金額は、障害厚生年金(2級以上の場合は、障害基礎年金部分も含む)の範囲内です。
    例えば、傷病手当金が月15万円で、障害年金が10万円の場合、返すのは10万円です。差額の4万円の傷病手当金は手元に残ります。
    逆に傷病手当金が、月10万円で、障害年金が月15万円の場合は、返すのは10万円なので、障害年金の5万円が手元に残ります。
    この返還は、後から請求が来るので、障害年金を残しておかないと大変ですので、要注意です。

    それから、障害年金の傷病名と傷病手当金の傷病名が全く違う場合は、調整はされずに、全額受けられますので、ご安心ください。

申請サポートをしてきたお客様の主な傷病例

  • 網膜色素変性症 / 緑内障 / 両先天性弱視 / 感音性難聴 / 突発性難聴 / 感音難聴 / パーキンソン症候群 / 頚椎症性脊髄症 / 骨折 / 関節リウマチ / 遷延性意識障害 / 脳梗塞 / 髄膜腫 / 頚椎ヘルニア / 椎間板ヘルニア / 血栓塞栓症 / 難病(脊髄) / 胸髄症 / 脳性麻痺 / 線維筋痛症 / 交通事故後遺症 / 脳出血 / 人工関節 / 若年性アルツハイマー / うつ病 / 不定型精神病 / 気分障害 / アルツハイマー / うつ病・自閉症スペクトラム / 双極性感情障害 / 気分変調症・強迫性障害 / アルツハイマー型認知症 / 反復性うつ病 / アルコール性認知症 / ADHD / 高次脳機能障害 / 統合失調症 / 双極性障害 / 自閉症 / 自閉症スペクトラム・軽度知的障害 / 中等度精神遅滞 / 精神発達遅滞 / 広汎性発達障害・知的障害 / 知的障害・視神経症 / 自閉症スペクトラム / 軽度精神遅滞 / 難治性てんかん / 知的障害 / 発達障害・知的障害 / ADHD軽度知的障害 / 先天性心疾患 / 持続性心室頻拍 / 肺動脈閉鎖症 / 狭心症 / 大動脈弁狭窄症 / 急性心筋梗塞 / 慢性腎不全(人工透析) / C型肝炎 / 肝硬変 / がん / 悪性腫瘍 / 悪性リンパ腫 / 胃がん / 肺がん / 乳がん / 子宮頸がん / 大腸がん / 脊髄小脳変性症 / 多発性硬化症 / 後縦靭帯骨化症 / クローン病 / 両黄斑変性 / 球脊髄性筋萎縮症 / ベーチェッド病 / ウエルナー病 / シャルコマリートゥース病 / 家族性地中海熱 / 筋ジストロフィー / 黄斑ジストロフィー / パーキンソン病

板橋区の医療機関

板橋区内の主要な拠点医療機関は以下のとおりです。

・板橋中央総合病院
〒174-0051 東京都板橋区小豆沢2丁目12−7
TEL:03-3967-1181
・高島平中央総合病院
〒175-0082 東京都板橋区高島平1丁目73−1
TEL:03-3936-7451
・東武練馬中央病院
〒175-0083 東京都板橋区徳丸3丁目19−1
TEL:03-3934-1611

板橋区付近のハローワーク

板橋区付近のハローワークは以下のとおりです。

・ハローワーク池袋
〒170-0013 東京都豊島区東池袋3丁目5−13
TEL:03-3987-8609

板橋区の障害者就労支援施設

板橋区内の主要な就労支援機関は以下のとおりです。

・板橋区立障がい者福祉センター いたばしハートワーク
〒175-0082 東京都板橋区高島平9丁目25−12 板橋区障がい者福祉センター
TEL:03-3698-9900
・障害者就業・生活支援センター ワーキング・トライ
〒174-0072 東京都板橋区南常盤台2-1-7-3F

板橋区の行政機関

板橋区内の行政機関は以下のとおりです。

・板橋年金事務所
〒173-0004 東京都板橋区板橋1丁目47−4
TEL:03-3962-1481
・区役所福祉部障がいサービス課
〒173-8501 東京都板橋区板橋2丁目66−1 板橋区役所

板橋区の給付制度

板橋区の給付制度は以下のとおりです。

心身障害者福祉手当

  • 身体障害者手帳 1・2級の方、愛の手帳 1・2・3度の方、脳性麻痺または進行性筋萎縮症の方、戦傷病者手帳 特別・第1・第2・第3項症の方、スモンその他の区指定の難病の方
    月額:15,500円
  • 身体障害者手帳 3級の方、愛の手帳 4度の方、戦傷病者手帳 第4項症の方
    月額:7,750円

都道府県独自の給付金と国の給付金

東京都重度心身障害者手当

  • 心身に重度の障害を有するため、常時複雑な介護を必要とする方に対して、東京都の条例により支給される手当です。受給資格が認定されると、月額6万円が毎月支給されます。
    詳しくはこちら>>

特別障害者手当(国制度)

  • 精神又は身体に著しく重度の障害を有する方に対して支給される手当です。受給資格が認定されると、申請月の翌月分から、毎年2月・5月・8月・11月に各月の前月分までの手当が支給されます。 手当月額は27,300円です。
    詳しくはこちら>>

板橋区の街並み

  • 東京都板橋区は東京23区の北西部に位置します。区内を東京メトロ有楽町線と副都心線やJR埼京線、さらに都営三田線および東武東上線など数多くの路線が走り、東京都内の主要な駅へのアクセスが抜群です。また江戸時代に宿場町として栄えたことから、かつての主要街道が幹線道路となっており、車での移動もスムーズにできます。さらにバスの路線網も充実しており、交通の利便性が高いエリアです。板橋区には約100カ所の商店街があるため、普段の買い物に困ることはありません。幹線道路沿いにはショッピングモールなどの大型商業施設もあり、買い物の利便性も高いと言えます。その一方で、公園や自然の多い環境であるのも板橋区の特徴です。区内には約300もの公園があり、入園無料の動物園も2か所あります。区立図書館内に併設されている「いたばしボローニャ絵本館」は、国内有数の蔵書数を誇ります。絵本文化の展開や発信を進める板橋区は「絵本のまち板橋」という教育政策を掲げています。