蕨駅から徒歩2分 大和社会保険労務士事務所

お知らせ

聴覚障害と障害年金

2014.02.13

佐村河内氏の聴覚障害が取り沙汰されていますね。

事の真相は、近いうちにわかるでしょう。

ところで、耳の聴こえがどのくらいになったら、障害者手帳や障害年金の対象になるのでしょうか?

障害者手帳と障害年金は基準が違います。

障害年金は、

1級が両耳の聴力レベルが100デシベル以上。
2級が①両耳の聴力レベルが90デシベル以上又は②両耳の平均純音聴力レベル値が80デシベル以上でかつ最良語音明瞭度が30%以下のもの。
3級が①両耳の平均純音聴力レベル値が70デシベル以上のもの又は②両耳の平均純音聴力レベル値が50デシベル以上で、かつ、最良語音明瞭度が50%以下のもの。

となっています。

障害者手帳は、聴覚障害の場合は1級はなく、2級が両耳の聴力レベルがどちらも100デシベル以上のもの、となっていますので、手帳で2級でしたら年金は1級相当となります。

デシベルというのは、数字が大きいほど障害があるということで、普通に聞こえる人は10デシベルくらいだそうです。

佐村河内氏はともかく、聴覚の場合は、本当にかなり悪くても障害年金を請求しない人が多いような気がします。

もしかしたら該当するかも・・・という方は遠慮せずにご相談くださいね。