蕨駅から徒歩2分 大和社会保険労務士事務所

お知らせ

知的障害と他の精神疾患が併発している場合

2017.06.16

知的障害と他の精神疾患の両方がある場合は、その内容によって同一疾病となったり、別疾病と取り扱われたりします。

 

ご相談の中で比較的多いのは、先に知的障害や発達障害があったために、社会的に適応できないことがあってうつ病になった、というようなケースです。

 

この場合は、同一疾病として取り扱われ、病状経過等の総合判断で決定されます。

 

病状経過を、診断書や病歴就労状況等申立書にしっかり書くことがたいせつになります。