蕨駅から徒歩2分 大和社会保険労務士事務所

お知らせ

解離性障害と障害年金

2018.02.08

解離性障害は、障害年金の対象になりません。

障害年金は、精神系の障害の内では、神経症と人格障害を除外しています。

解離性障害は人格障害の1つなので、対象外になってしまいます。

ただし、うつ病などの精神疾患を併発している場合は、請求できます。

主治医に、そのあたりをよくお訊きください。