蕨駅から徒歩2分 大和社会保険労務士事務所

お知らせ

障害年金の初診日とは

2013.07.09

初診日というと、その病名のついた病院へ初めて行った日、と思う方が多いですね。

でも、障害年金の初診日は、ちょっと違うのです。

障害年金の初診日は、その病気で初めて病院の診察を受けた日、で
病名は同じでなくても大丈夫です。

よくあるケースで、
うつ病の方が、始めは不眠で内科にかかるというケースがありますが、
その不眠がうつ病の初期症状と認められれば、
内科に初めて行った日が、初診日になります。

最初の病院で誤診をされて、病名が違ったという場合も、
その誤診された病院が、初診日になります。

又、ある病気で通院していたところ、治ったので、
通院をやめて、数年元気に働いていた。
ところが、その後又同じ病気にかかった、という場合は、
同じ病気でも、今回の病院に行った最初の日が初診日になります。

障害年金の初診日は難しく、
ご自分で判断して、年金事務所に行って、
納付要件が満たせなくて、ダメと言われた(退職後に病院に行った場合など)
という方が、よくいらっしゃいますが、
よくよくお話を聞いて、遡ると“大丈夫”という方も、結構いらっしゃいます。

初診日は、障害年金を受けるための、3大要件のすべてに関係します。
ご自分の判断で大丈夫だと思っても、
念のため専門家に見てもらった方が、安心だと思います。

記事監修
この記事を書いた人

吉成玲子

職業:大和社会保険労務士事務所 代表社労士

所属:埼玉県社会保険労務士会、障害年金法研究会

27年の銀行勤務を経て、2009年に社会保険労務士として開業。 障害年金の相談員としての経験を経て、2012年より障害年金専門社労士として活動開始。相談件数1000件以上、裁定請求300件、審査請求20件、訴訟補佐人1件(勝訴)の実績を持ち、障害年金受給後のサポートも行い、多数の研修会やセミナーで登壇も行っています。