蕨駅から徒歩2分 大和社会保険労務士事務所

お知らせ

「慢性疲労症候群、厚労省が実態調査へ」

2014.09.11

 「原因不明の慢性疲労症候群、厚労省が実態調査へ」という記事が、朝日新聞デジタルに載っていました。

 

 「慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)」は、強い疲労感や脱力感などで、日常生活に支障があり、寝たきりに近い方も少なくないという病気です。

 

 国内に30万人もいらっしゃるそうです。

 

 けれど、原因不明で治療法はないうえ、症状を客観的な数値で表しにくく、「怠けている」と言われたりすることもあります。

 

 障害年金としては、平成24年に「認定困難4傷病の紹介様式」を作成し、その中で慢性疲労症候群についても、10段階に分けた紹介様式を発表しています。

 

 しかし、慢性疲労症候群については、診断してくれる医師が少ないという問題もあります。

 

 この実態調査で、もっとこの病気が知られ、受け入れてくれる病院が増えるといいな、と思います。

 

 友の会のようなものとしては、 「NPO法人 筋痛性脳脊髄炎の会(旧「慢性疲労症候群をともに考える会」)という会があります。

 

 ご病気で一人で悩んでいる方は、HPを覗いてみてください。

 

 http://mecfsj.wordpress.com/

 

 電話番号は、03-6915-9281 です。

 

 

記事監修
この記事を書いた人

吉成玲子

職業:大和社会保険労務士事務所 代表社労士

所属:埼玉県社会保険労務士会、障害年金法研究会

27年の銀行勤務を経て、2009年に社会保険労務士として開業。 障害年金の相談員としての経験を経て、2012年より障害年金専門社労士として活動開始。相談件数1000件以上、裁定請求300件、審査請求20件、訴訟補佐人1件(勝訴)の実績を持ち、障害年金受給後のサポートも行い、多数の研修会やセミナーで登壇も行っています。